ドッ硬連

スガタ財閥の御曹司である姿強平は、父親から不良達の集まる東凱高校へ進学するように命じられる。父から受け取ったガクランを着て東凱高校へ登校する強平は、そのガクランが元となり番長グループとの揉め事に巻き込まれる。ケンカをしたことがないという強平は、一方的にやられてしまうのだが、一瞬見せた力に周りのものは隠れた強さを感じるのであった。