ツンデレラ

姫宮かぐやは、官能小説家でありながら処女。姉妹たちとそのパートナーとのあつあつぶりに当てつけられながら、悶々たる日々を送っているのだが、自著の挿絵を描いている男性・天野と打ち合わせを重ねるうち、だんだん惹かれるようになる。しかし、なかなか素直になれず……。