ダントツ

魚の行商をやっている「ダントツ」こと三郎丸三郎の元に、光高校の校長がやってくる。街中での三郎の立ち振る舞いにほれ込んだ校長は、ダントツに光高校の弱小野球部の監督になることをお願いする。昔、野球選手を目指していたダントツは、少し興味を惹かれるが、経験もないので断る。代わりにダントツ率いる商店街の野球チームと練習試合をすることになる。