セコンド

ボクシングジムに所属するベテラントレーナー(セコンド)・大松の視点を通じて、華やかだが厳しくもあるボクシングの世界を描いた作品である。主人公・大松清司はかつてヨネクラボクシングジムに所属していた名トレーナー・松本清司(第1回エディ・タウンゼント賞受賞者、1994年に58歳で死去)がモデルとなっており、作者は実際に松本を取材している。