スーパーマシンRUN

秋月勇騎は世界で最も苛酷とされている「WLM」への出場をかけて特速宅送に勤めながら常にドライバーとしての腕を磨く。幼い頃父がその大会で事故で亡くなったため、父の遺志を継いで最高のマシンで制覇する事が夢だった。やがてドイツに留学していた妹ランがニュースーパーマシンを完成させて帰国。兄妹で世界の舞台を目指す。