スーパーくいしん坊

鍋島香介の実家である洋食屋は、周りのファーストフード店などに押されて客足が遠のいていた。父の料市は、一人前に意見する香介をためしに厨房へ立たせたところ、偶然にも有名な料理評論家が訪れる。さっそく自信を持ってスパゲッティを出す香介だったが、食べるに値もしないと評論家は帰ってしまう。評論家をうならせるスパゲッティを作るため、香介の試行錯誤が始まる。