ストライダー飛竜

絶対の防衛力を誇るロシア帝都に潜入したひとりの暗殺者がいた。彼の属する“ストライダーズ”はどんな依頼であっても応じる戦闘、諜報のプロフェッショナル集団であり、彼は今最も重要かつ危険な任務についていた。その任務とは、全世界を支配する謎の冥王“グランドマスター”を消すことであった。全世界、全人類はすでに“グランドマスター”の支配下にあった。偉大なる冥王に対する最後の反逆者である彼は、その鍛え抜かれた体技によって、帝都の伽藍を登り、兵を斬り倒し、高層ビルの谷間を飛び渡る。彼の名は飛竜-。