スズキさんはただ静かに暮らしたい

一人息子の仁輔を女手ひとつで育てる仁美。 心を閉ざし気味の仁輔を喜ばせようと仁美が催した、ささやかな誕生日。 だがその日、仁輔の世界は一転した―――。