ジ・ガレガレ

人間よりはるかに長い時間を生きるジ・ガレガレ。西暦2135年の、冬が来なくなって夏ばかりが続くようになったポートワースの墓地で司祭を務める24歳独身で占星術を解する榧森範子や、発明家を自称してドタバタばかりを巻き起こす祖父、恋心に胸ときめかせる西山田ら人間たちとジ・ガレガレの、ほのぼのと心温まるような交流が描かれた連作短編