ジャストACE

テニスクラブでボールボーイとして働きながら練習を続ける11才のジュニア選手・荻野目純。「フォアのストレートだけでエースを取る」ということを信条に掲げる彼が、トップスピンを武器に様々なジュニア選手達と戦っていく、という物語。その中でも特に「ジュニアの丘」と呼ばれるジュニアテニスの養成機関のスタッフである元全日本チャンピオン・五十嵐有希(ゆうき)と、その子供の三兄妹との絡みを中心として物語は展開していく。