シャイニング・ティアーズ

主人公は河原に倒れているところを救われる。 目覚めたとき記憶はなく、獣人などの詰問に面食らい、 殺されるのかも-と逃げ出したことでえらい目に遭う。 助けてくれた連中は彼をスパイかも、と疑っていた。 城外に目を向けると軍隊が集結している。 交通の要衝である城塞都市がいまの彼の居場所。 救助した連中はこの都市を護るために闘っている 傭兵騎士団だった。