サイドボーン

新興宗教的なカルト面と伝統的な超武術に異常な科学技術力をあわせもつ悪夢のような集団、蓮華堂。その総裁の娘として育てられた黒鐘リンの肉体には隠された秘密があり、彼女を巡って政府機関の首都構と蓮華堂の異次元の戦いが繰り広げられる。リンの幼馴染で主人公のあすなは戦いに巻き込まれ、人間兵器サイドボーンとして苦痛と悲しみに満ちた道を歩んでいくことになる。