コイソモレ先生 

たったひとり丘の上で柔らかい陽射しを浴びながら立っているコイソモレ先生。コイソモレ先生は哲学者のようであり、しかし、全てを悟りきったという風でもない。陽射しを体いっぱいに受け止める幸せを感じたかと思ったら、出くわす不条理な存在に困ったり泣いたりしている。かすかな「可笑しみ」と背中合わせになったかすかな「哀しみ」を背負っている。