グラップラー刃牙

神心会館の空手オープントーナメントにおいて、空手選手でもない少年・範馬刃牙が勝ち進んでいた。全日本王者の末堂厚と決勝で戦うことになった刃牙だったが、気負いもなくつとめて平静だった。試合が始まっても、末堂の怒涛の攻撃をことごとく受け流し、驚異的な技と力であっさりと勝ってしまうのだった。刃牙は、地下で行われている何でもありの格闘技トーナメントのチャンピオンだっ。