クロコーチ

神奈川県警捜査第二課に所属する、警部補・黒河内圭太。彼は政治家や実業家らの醜聞を握ることで、莫大な権力を得た「県警最悪の警察官」である。若きキャリア・清家真吾管理官は任務のため、黒河内の内偵になり、彼を嫌悪しつつ利害の一致で手を組むことになる。