クラップヘッズ

日ノ丸学園の深沢英太郎は、強くもないくせに不良に憧れてツッパっていた。そんな英太郎の不良の真似事をやめさせようと、英太郎の幼馴染で学校の裏の副番でもある浅井結花は、手を回して英太郎を痛めつける。それでもめげない英太郎は、ある時、自分に時間を止める能力があることを発見する。そして、その能力を使ってメキメキと頭角をあらわしてくるのであった。