キング・オブ・ハスラー

賭けビリヤードで小銭を稼いでいた的場ヒロの前に、ひとりの男があらわれ勝負をすることになる。その男の腕前に屈したヒロは、再戦を挑むも断られてしまう。実は、その男はビリヤード世界大会の日本代表に内定している岡部雄志であった。岡部に世界大会の舞台で再戦してやるといわれたヒロは、もう一人の日本代表を決める大会に出場することにする。