ガケップチ・カッフェー

この何もない田舎町で、どうにかその日を生きていければいい。そう考えるサルタが経営するドライブイン。人里離れた道路沿いにある、外観はボロボロ、中もまるで整頓できていない。ある日、大きな荷物を持った1人の若い女性が、歩き疲れたようにやってくる。