カイダンにっき

とある町の祓い師・栖神家に生まれた少年・京一には、6つ違いの美しい姉・華壱がいた。祓い師としての力が強い華壱は、京一のために彼女が相対した妖怪の弱点などを記した「カイダンにっき」を作ることが日課だった。そんな華壱が6年前のある日を境に行方不明となる。姉が消えた原因が自分にあることを自覚する京一は、華壱を取り戻すため、彼女の友達と称する死神のクロエと協力しながら「カイダンにっき」の完成を目指すことになる―――。