オートバイ少女

海までつづく道をひた走るオートバイ。思春期の少女の瑞々しい躍動感を描く表題作ほか、彷徨の果ての寄る辺ない青年の生を描く。69年のデビュー以来の代表作とエッセイを集めた作品集。