オレは力だ!

山本力は、竹ヶ根部屋の力士になることが決まり、中学最後のケンカを不良たちとやりあう。その不良たちにも見送られながら上京した力が部屋へ行くと、同じ名前の北垣力も新弟子として入門してくる。自信のあった山本力は、早速先輩力士と相撲をとるが、全く歯が立たなかった。しかもその力士は部屋で一番下の番付だった。二人の力は、ともに身長と体重で新弟子検査で引っかかるくらいしかなかったが、北垣は水をいっぱい飲むことで、山本は頭を殴らせタンコブをつくってなんとか合格し、相撲とりとしての生活が始まるのであった。