ウイニング・ショット

中学時代に名をはせた若杉大樹と花松正太のバッテリーは、野球の名門・明陵高校野球部へ入部する。明陵野球部は噂に違わぬ厳しさで、キャッチボールをしただけで才能を見限られ入部を許されない選手もいた。そんな中、若杉は氷藤監督が直々にキャッチボールの相手を務めるほどに見初められ、早速1軍の選手相手に投げることとなる。気を良くした若杉であったが、実はコントロールの良さと球質の軽さがバッティングピッチャーとして最適だと判断されただけだった。落ち込んだ若杉だったが、そこから這い上がってエースになることを目指し、まずは不動の4番打者・鳴海省を三振にとることを目標にするのだった。