わいるど☆ぴっち

桜庭健司は強豪で知られる福山実業高校野球部のエースピッチャーだったが、友人に怪我をさせてしまったことで自責の念に駆られ「二度と野球はしない」と誓って嶋咲高校へ転校した。ところが、下宿先の娘・間宮イツカは野球部を設立すべく部員集めに走り回っており、健司も強引に野球部へ加入させられてしまう。