ろまんちっく牛之介

ケンカに明け暮れる毎日だった山田牛之介は、早川愛美と出会い、その純粋さに心を打たれ、それからというもの愛美への愛のために生きるようになった。顔に似合わずロマンチックなことを言う牛之介の前には、昔のケンカのライバルや恋のライバルが現れるのだが、一途に愛美への愛に奉仕するのであった。