もっきり屋の少女 [つげ義春コレクション 紅い花/やなぎ屋主人所収]

方言に興味を持ち旅に出た青年は、かやぶき屋根の居酒屋でおかっぱ頭の少女、コバヤシチヨジに出会う。1銭5厘で買われてきたと話すチヨジは、客の青年相手に自分自身の境遇を「みじめです」と告白する。青年は悪酔いし、居酒屋の部屋で寝ているとずいぶん店が騒々しい。覗いてみると、チヨジはいつの間にかやってきた2人組の客に乳首を触らせていた。それは、チヨジがほしがっている赤い靴を賭けた行為であった。快感に5分間平気な顔で耐えられたら、買ってもらえるのだが、チヨジはいつも負けているらしい。