みがわりアクシデンツ

売れない舞台役者・冴内健が、その才能に目を付けた「グローバル=トラブル代理店」社長・御河割ユカによって、アルバイトとして強制的に働かされる物語。同社は「顧客の身代わりとなって様々なトラブルを引き受ける」ことを主な業種としており、冴内はその中でも「土下座師」として何度も危険な目に遭うことになる。