まっぴら半次郎

黒門中学に入学した松平半次郎は、その性格が元で空手部の主将ともめてしまう。勝負をすることになったのだが、半次郎は間違えて柔道部の道場へ行ってしまう。そこで、今度は柔道部主将と闘うことになってしまうのであった。