ぼ・ん・ど

ペンギンの「てん」と女子中学生「香魚(あゆ)」を中心としたアットホームなほのぼのストーリー。 桜井家の父・鯵は、ある日の仕事帰りに露天でペンギンの剥製を買ってくる。しかし剥製だと思っていたそれは実は生きており、一家は絶句。その日からペンギンのいる生活が始まることになる。