ふらり。

隠居をした男が歩く、歩く。江戸の町を。目的もなく、ただただ、ふらり、ゆらりと。ゆらり、ふらり、と江戸歩き。それはきっとあなたの記憶につながる原風景。