ふくろう 渉外極道伝

金と欲望渦巻く首都・東京イケブクロ。街が生み出す闇を背負い、悪党共を狩る男がいた。その名も「ふくろう」。ある組織の幹部である彼は、子分の矢沢と共に縄張り内での厄介な揉め事を解決する、組の重要なポジションを担っている。しかし、その奔放な振る舞いもあり、組のカシラは手を焼いている様子。数々のトラブルを持ち前の「暴力」と「性欲」で解決するふくろうだが…!?