ひかる!チャチャチャッ!!

ひかるの父はかつて柔道選手として、オリンピックの日本代表にまで登りつめたことがあったが、交通事故により、夢半ばで夭折してしまう。そんな父の遺志を継いで、主人公西田ひかるは華荻第三中学校に入学するや、柔道部の門を敲く。そこは父も在籍した名門だったが、それは昔の話で今はすっかり落ちぶれていた。とはいえ、全く柔道経験のないひかるは、先輩やいじめっ子の染矢、同学年の森田らのいびりにもへこたれず、ここで強くなっていくことを誓うのである。