ばっくれんなよっ!

横須賀翔組の芥川翔は、ケンカが強いので有名だったが、テレビに出たいがためにメンバーに応募はがきを書かせる変わった男だった。そんな翔は、あるとき絡まれていた花田源五郎を助けた際に、口からでまかせな嘘を源五郎に聞かせると、源五郎はすべてを信じてしまう。同じ桃山高校の生徒だと知った源五郎は、翔の嘘を信じて野球部の練習に誘う。実は、練習が面倒くさいという理由で出ていなかったが、翔は野球部員でもあった。そして、そのピッチングはコントロールはひどいものの超高校級のスピードボールだった。