とんとん刀馬

真正伝神道流剣道場の息子・沖野刀馬は、小さい頃から祖母に鍛えられてきたが、自身は剣道に全く興味がなかった。中学生になり野球部へ入部しようとしていた刀馬であったが、祖母が許さず、学校まで追いかけてくる始末だった。その騒動を見ていた生徒たちは、刀馬は剣術の使い手だと勘違いし、クラスメートの谷本範子は剣道部に誘う。範子に誘われて剣道場までやってきた刀馬は、シゴキをする先輩部員の田念の攻撃をことごとくかわし、最終的には田念と剣道で試合をすることになってしまう。しかし刀馬は、ほとんど竹刀を握ったこともない有様だった。