となりの格闘王

正道会館の試合を取材に来た緒田太一は、想像とは違った試合前の格闘家たちの様子に戸惑う。その中の一人、佐竹雅昭も緊張しているのかと思いきや、真剣に漫画を読んでいて、そこで思いついた作戦を実戦で本当に繰り出し勝ってしまう。佐竹は、普通の会社に就職が決まっていたのにもかかわらず、友人たちの前田日明と対戦するかもしれないという一言に触発され、前田と戦うという念願を果たすべく格闘家の道を目指したのだった。