ちゅうふれ。

山中みのりと一色佐幸はどこにでもいる女子高生。二人は仲の良い友達、の、はずだった。佐幸がみのりへ「告白」するまでは……。「私はみのり様にお仕えしたかったのです!」その一言により、二人はまさかの主従関係を結ぶことに。親友の犬になることを自ら望んだ少女と、親友に人生捧げられちゃった少女。これは、そんな二人の「ちゅうふれ。」関係を描くお話です。