それが彼女のセイギなら

父親の急な転勤で知人宅への居候が決まった主人公・藤本祐樹。しかし、居候先の桐生家は 「官能小説家」 の母・絹と、母の小説作りの手伝い―― つまりエッチなこと―― をしている三姉妹、長女・紬、次女・綾、三女・更紗というおかしな一家だった……!? 見ることが運命となった少年と、視られることが宿命の少女による “官能” ラブコメ開幕!