すきま日誌シリーズ

わけあって古民家に越してきた逍遥。そこには蛇の絵が描かれた掛軸が残されていた。蛇が苦手な逍遥は、高校の同級生・空を頼って……!? 脚本家の逍遥、表具師の空、そして自称神様のタマ。異色な“二人と一匹”の日常と怪異を描いた、和風現代(ちょこっと)ホラー。