しゃがら

人間を食べる羅刹と呼ばれる一族のしゃがらは、人間の味方をして他の羅刹たちと争いをしていた。本当の体を奪われたため目の見えないしゃがらは、その目の代わりとなって人間世界に隠れる羅刹を見抜ける目を持つ久世ちさとと出会う。ちさとによって正体の暴かれた羅刹たちは、しゃがらによって倒されていく。