しこたま

「甲子園出場」が夢の野球少女・剛力たまは、高校野球の名門校である私立国際天上高校に入学、投手として野球部入部を希望する。しかし、野球部キャプテンの橘スケキヨから「女だから」という理由で一蹴されてしまう。そこで部員を9人集め野球部に勝ち、“公式野球部”の座を奪うことを決める。手始めに、たまと同様の理由で相撲部に入部できなかった大関しこを捕手としてスカウトし、打倒野球部と甲子園出場を目標にしこたまーズを結成したのだった。