こくう物語

山の町の街道沿いの小さな宿屋、そこに住む平吉と姉のかれん、おたえおばさん、祖父、長期滞在客の九茂右衛門の織りなす物語。