おれはピカ一

丸山福太郎学院野球部の絶対的選手の桑村は、甲子園行きを期待する校長らから特別に扱われていて、甲子園に出場できたら憧れの麻弥子と付き合えるという約束を校長らのゴリ押しで決めてしまう。しかし、麻弥子を気に入っていた転校生の鯛中光一は、強引に桑村と野球勝負をして勝ったほうが麻弥子と付き合えるということにしてしまう。勝負に勝った光一は、麻弥子と付き合う権利を手にいれ、そのまま野球部にも入部して甲子園を目指すのであった。