おはようKジロー

千葉県の私立冠学園高校に入学した岡本慶司郎は、甲子園出場を夢見て、野球部入部を希望する。しかし、野球部は不祥事により3年前に廃部していた。そこでKジローは、野球部の復活へ向けて部員の募集を開始するのだが、元々野球部のない高校へ入学した生徒たちは誰一人野球部に興味を示さなかった。しかし、Kジローはあきらめずに、各部の目に付いた部員をスカウトしていき、次第に部員が増えていくのだった。