おしいれのわらしさん

古くも新しくもなく、日当たり良好な角部屋のわりに家賃が安かったアパートに引っ越しをした独身のゆりえさん。引っ越しをしたその日に押し入れからうめき声が聞こえてきたので調べてみたら、そこには半裸(正確には全裸にYシャツのみ)の男の子がいたのでした。男の子曰く、自分は由緒正しい妖怪である、と。その日からゆりえさんと自称・妖怪の男の子との不思議な同居生活がはじまるのでした。