おさなづま

何のとりえもない幼な妻の旗一子が、家事の合間に趣味で漫画を描き始めたところ、少女漫画雑誌「月刊少女ラブリー」(以下「ラブリー」)の新人賞に入選。その後試しに描いてみた漫画「めぐみのピアノ」(以下「めぐピ」)が大ヒットし、それに伴い様々な人が「めぐピ」を巡って右往左往する。ストーリーの序盤では漫画業界の内幕を描いていたが、中盤以降「めぐピ」の人気を誇張して描き続けた結果ストーリーが現実離れするようになり、ギャグの要素が大幅に強くなった。