うるとら☆イレブン

個人プレーを得意とする羅本が所属する城東FCは個性的なメンバーが揃うがまとまりを欠き連戦連敗中。続く地区大会1回戦の相手は練習試合で敗れたばかりの強豪・難蛮FCと決まった。チーム再建案としてキャプテンの桂谷はチームワークを学ぼうと布藤という大人のサッカー監督を呼ぶことになり、布藤の指導法に惹かれた羅本もしぶしぶ了承する。そして迎えた試合当日、城東FCのメンバーは布藤から伝授されたタクティクス(戦術)を発揮して難蛮FCと互角に渡り合うと、試合終盤には相手チームの作戦を試合中に吸収してしまう程の学習能力とアイコンタクトを使った即興プレーを見せて勝利し、この大会で優勝を果たした。