うめモモさくら

中学を卒業した主人公の加賀裕太は、両親亡きあと兄までもが家出してしまう。そんなある日、兄の許婚と名乗る三人の女の子、同い年の宮野木綾子、1歳年上の二階堂祈子、何故か12歳の真行寺千絵が同居することになり、ドタバタした高校生活が始まる。