うなじ

いつもの様に酒を飲んでから眠りにつき、いつもの様に起きると、なぜか中年サラリーマン百村英雄は女子校生になっていた。理解不能ながらも現実を受け止め、営業のノウハウと女子校生ブランドを活用して生計を立てる奇妙な日常がはじまった。