あした青空

芳青学園の里見鮎は、男子もかなわないほどの空手の腕前なのだが、それは幼馴染で気弱な駿平を守りたいというところからスタートしたものだった。その駿平が久しぶりに帰ってくるという報を受け喜ぶ鮎であったが、空手家の京極との仲を妬む女子の指図で、不良どもにヤキを入れられる。そこに助けに入った駿平は、小さい頃とは別人のような強さを持った男へ変貌していた。