あした天兵

真田天兵は同級生の沢井洋子に惚れていたが、彼女には甲子園に出場した野球の名門・関東学館のエース村雨という恋人がいた。村雨に負けじと野球をすることを決意した天兵は、成り行きで知り合い、入水自殺者を身をもって助けた熱血人情派の倉本の導きで夢島学園野球部に入り、打倒村雨と甲子園出場を目指す。