夜空ノ一振リ

黒野刀禍は異世界から現れる妖怪たちを討伐する“剣士”に憧れるが、試験に落ちまくっている落ちこぼれ。またも試験に落ちた刀禍の前に、奇妙な少女が現れる。彼女は夜空と名乗り自らを“最強の精霊”だと話す。力を持った精霊と契約すればその特別な力を使い戦うことができる。夜空は最弱の刀禍に使われることで、自分の強さを証明したいと契約を迫ってきた。最弱と言われプライドを傷つけられた刀禍も、精霊の力を得れば自分も剣士になれるのではと期待したが。彼女は精霊としての力は何も持っていない、いわば精霊の落ちこぼれだったのだ。落ちこぼれコンビが誕生し、数々の強敵を迎える事になるが?第4回ラノベチャレンジカップ“佳作”受賞作。